合計62,308人分の学生と保証人の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(関西大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

合計62,308人分の学生と保証人の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(関西大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

これは情報処理を委託している会社とのUSBメモリ受け渡し時に発生したもので、誤廃棄し既に焼却された可能性が非常に高いと想定されるという。

USBメモリに記録されていたのは、同大学学部生、留学生、大学院生の個人情報(所属、氏名、生年月日、電話番号、住所、学籍情報)、及び各保証人の個人情報(氏名、住所、電話番号)で合計62,308人分とのこと。

現在のところ個人情報が流出したという報告は無いとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×