合計62,308人分の学生と保証人の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(関西大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

合計62,308人分の学生と保証人の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(関西大学)

関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

これは情報処理を委託している会社とのUSBメモリ受け渡し時に発生したもので、誤廃棄し既に焼却された可能性が非常に高いと想定されるという。

USBメモリに記録されていたのは、同大学学部生、留学生、大学院生の個人情報(所属、氏名、生年月日、電話番号、住所、学籍情報)、及び各保証人の個人情報(氏名、住所、電話番号)で合計62,308人分とのこと。

現在のところ個人情報が流出したという報告は無いとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×