マルバタイジング:ネット広告のモデルが、いかに犯罪者を儲けさせるのか~そして……すべての金銭的な損害の責任は、誰が負うのか?(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

マルバタイジング:ネット広告のモデルが、いかに犯罪者を儲けさせるのか~そして……すべての金銭的な損害の責任は、誰が負うのか?(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【特集記事】
マルウェアフリンガー(マルウェアを投じる悪者)によるインターネット広告ネットワークのエクスプロイトは、今年の年末までに最高 10 億ドル(編集部註:約 1,230 億円)の損害を引き起こすだろうと予測されている。しかし、それを規制するための取り組みが続けられる一方で「誰が、この非常に大きな損失の責任を問われるのか」は明確となっていない。

オンラインの広告者によるユーザーのプロファイリングがますます洗練されたことにより、広告ネットワークのエクスプロイトは、非常に優れた費用対効果で犠牲者にダメージを与えられるようになった。広告ネットワークの「インプレッション(表示回数)を販売する手法」のおかげで、広告を表示する相手の所得プロフィールやブラウザの種類、また「ブラウザでアンチウィルスが動作しているか否か」によって、脅威のペイロードを絞り込むことができるようになった。犯罪者たちは、これらの要因のおかげで(また新規顧客のエントリの障壁が低いことと相まって)投資により高い収益を得ることができる。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×