情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップ(ALSI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップ(ALSI)

ALSIは、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップし、11月30日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は11月16日、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップし、11月30日より販売開始すると発表した。同シリーズは、「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し防止」「持ち出し後に備えたファイルの安全強化」「送信データの情報漏えい防止」など、多層防御によるセキュリティ対策を実現するもの。

新バージョンでは、ネットワーク制御を接続方法に合わせてより細かく設定できるようになった。これにより、社内ネットワーク、または許可されたネットワーク以外からのインターネット接続を禁止することができ、テザリングを悪用したデータの不正持ち出しや、不審な公衆Wi-Fiアクセスポイントの利用による外部からの情報搾取を防止することが可能になる。また、Windows 10にも対応している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×