次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は11月11日、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。FortiGate-3200Dは、データセンターなど要件の厳しいネットワーク環境に対応するセキュリティアプライアンス。48の10GbEインタフェースを装備し、最大80Gbpsのスループットおよび超低レイテンシを実現する。また、直感的な管理インタフェースによる幅広いセキュリティ機能を利用できる。

FortiGate-600Dは、大規模な支社などに適した次世代ファイアウォール。同等製品の5倍となる36Gbpsの速度を提供する、費用対効果に優れたモデルとなっており、2つの高密度10GbEポートを含む複数のインタフェースを備えるなど、高い柔軟性と拡張性を実現している。アプリケーション制御とアイデンティティ・デバイスベースのポリシー実施を組み合わせることで、きめ細やかな保護を実現するほか、直感的な管理インタフェースにより1台~数千台の「FortiGate」を多面的かつ多角的に可視化できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×