次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は11月11日、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。FortiGate-3200Dは、データセンターなど要件の厳しいネットワーク環境に対応するセキュリティアプライアンス。48の10GbEインタフェースを装備し、最大80Gbpsのスループットおよび超低レイテンシを実現する。また、直感的な管理インタフェースによる幅広いセキュリティ機能を利用できる。

FortiGate-600Dは、大規模な支社などに適した次世代ファイアウォール。同等製品の5倍となる36Gbpsの速度を提供する、費用対効果に優れたモデルとなっており、2つの高密度10GbEポートを含む複数のインタフェースを備えるなど、高い柔軟性と拡張性を実現している。アプリケーション制御とアイデンティティ・デバイスベースのポリシー実施を組み合わせることで、きめ細やかな保護を実現するほか、直感的な管理インタフェースにより1台~数千台の「FortiGate」を多面的かつ多角的に可視化できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×