不正送金、アカウント乗っ取りに対応する銀行向け認証システム(東陽テクニカ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

不正送金、アカウント乗っ取りに対応する銀行向け認証システム(東陽テクニカ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社東陽テクニカは11月5日、スウェーデンKeypasco社と国内総代理店契約を締結し、「マルチファクター&2経路認証ソリューション」を2016年1月より販売すると発表した。同ソリューションは、ワンタイムパスワードおよびハードウェアトークンに代わって、インターネットバンキング利用者の利便性・安全性、銀行側の運用コスト低減の課題を解決するもの。利用者向けの「Vaktenクライアントソフトウェア」と銀行向けの「Borgenサーバソフトウェア」により構成される。

同ソリューションは、「自分のユーザIDとパスワードは、自分のモバイル端末からのみ機能」することをコンセプトとして設計されており、コア技術により5つの認証要素「ユーザ固有認証情報(個人情報は含まない)」「ユーザ端末デバイス認証」「近距離通信端末」「地理的位置情報」「リスクマネジメント解析」を使用し、自分の端末からしか認証ができない環境を実現したという。標準価格は、1ライセンス:サブスクリプション方式の場合で年額600円(税別)。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×