不正送金、アカウント乗っ取りに対応する銀行向け認証システム(東陽テクニカ) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

不正送金、アカウント乗っ取りに対応する銀行向け認証システム(東陽テクニカ)

東陽テクニカは、スウェーデンKeypasco社と国内総代理店契約を締結し、「マルチファクター&2経路認証ソリューション」を2016年1月より販売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社東陽テクニカは11月5日、スウェーデンKeypasco社と国内総代理店契約を締結し、「マルチファクター&2経路認証ソリューション」を2016年1月より販売すると発表した。同ソリューションは、ワンタイムパスワードおよびハードウェアトークンに代わって、インターネットバンキング利用者の利便性・安全性、銀行側の運用コスト低減の課題を解決するもの。利用者向けの「Vaktenクライアントソフトウェア」と銀行向けの「Borgenサーバソフトウェア」により構成される。

同ソリューションは、「自分のユーザIDとパスワードは、自分のモバイル端末からのみ機能」することをコンセプトとして設計されており、コア技術により5つの認証要素「ユーザ固有認証情報(個人情報は含まない)」「ユーザ端末デバイス認証」「近距離通信端末」「地理的位置情報」「リスクマネジメント解析」を使用し、自分の端末からしか認証ができない環境を実現したという。標準価格は、1ライセンス:サブスクリプション方式の場合で年額600円(税別)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×