暗号研究者たちが、たった 75,000 ドルで SHA-1 をクラッキング~その暗号を 2017 年に退かせる計画は、前倒しにすべきかもしれない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

暗号研究者たちが、たった 75,000 ドルで SHA-1 をクラッキング~その暗号を 2017 年に退かせる計画は、前倒しにすべきかもしれない(The Register)

この研究は『実際の SHA-1 の衝突に向けた重要なマイルストーン』であり、さらに『いかにして、このようなタイプの攻撃で、非常に効率的にグラフィックスカードを利用できるのか』を示すものだ。

国際 TheRegister
暗号界の幹部たちが、SHA-1 のセキュリティスタンダードを破壊した。彼らが(攻撃に)費やしたクラウドコンピューティングの資金は 75,000 ドル(編集部註:約 900 万円)で、それは過去に考えられていた「暗号のクラッキングにかかる資金の見積もり額」を引き下げ、この種の攻撃を「予算の潤沢な組織であれば実現可能な攻撃」の範疇に置くものだ。

その広範に利用されているハッシュ関数を 2 年以内に終焉させるように告げる鐘は、彼らの働きで少し早めに鳴らされはじめた。セキュリティ関係者たちは(以前)、将来の計算能力を推測したうえで、「SHA-1 は 2017 年までに中止するべきだ」と見積もっていた。

「2017 年には 173,000 ドル(編集部註:約 2,100 万円)の費用で、このような攻撃を成し遂げることができるだろう」というのが、2012 年の推察だった。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×