国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品の市場予測を発表(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

国内標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品の市場予測を発表(IDC Japan)

IDC Japanは、2014年の国内標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場規模実績と2019年までの予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は10月28日、2014年の国内標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場規模実績と2019年までの予測を発表した。2014年の国内標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービスの市場規模は3,406億円で、前年比成長率が8.6%であった。同社では、国内標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場を、標的型サイバー攻撃によって発生したセキュリティインシデントに対する「コンサルティングサービス」、標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策製品導入のための「システム構築サービス」、SOCからセキュリティシステムを監視・管理する「マネージドセキュリティサービス」、標的型サイバー攻撃対策向け「教育・トレーニングサービス」の4つの機能別市場に分類している。

2015年以降はサイバーセキュリティ基本法の施行によって、重要インフラ産業は、標的型サイバー攻撃に対するセキュリティ対策強化が求められることから、セキュリティインシデント対応サービスやマネージドセキュリティサービスといった高度な専門知識を有するサービスへのニーズが高まるとみていまる。同市場の2014年~2019年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.1%で、市場規模は2019年には4,799億円に拡大すると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×