仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョンを発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョンを発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社カスペルスキーは10月20日、仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョン「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless Service Pack1」を同日より提供開始したと発表した。データセンターやクラウドサービスベンダなど仮想化環境を利用している法人を対象に、パートナー企業経由で販売する。販売価格は、最小構成の1CPUあたり160,000円(税別)。

新バージョンでは「VMware vSphere 6.0」に対応したほか、Kaspersky Security for Virtualizationのセキュア仮想マシンと「VMware vCenter Server」の通信負荷を軽減する、新開発のVirtual Infrastructure Integration Server(VIIS)コンポーネントの採用により、VMware vCenter Serverへの通信負荷を代替し、大規模環境においてもvSphereのパフォーマンス低下を抑制する。また、管理ツール「Kaspersky Security Center」の刷新により、運用管理業務の生産性を向上できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×