仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョンを発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョンを発表(カスペルスキー)

カスペルスキーは10月20日、仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョン「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless Service Pack1」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは10月20日、仮想化環境向けセキュリティ製品の新バージョン「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless Service Pack1」を同日より提供開始したと発表した。データセンターやクラウドサービスベンダなど仮想化環境を利用している法人を対象に、パートナー企業経由で販売する。販売価格は、最小構成の1CPUあたり160,000円(税別)。

新バージョンでは「VMware vSphere 6.0」に対応したほか、Kaspersky Security for Virtualizationのセキュア仮想マシンと「VMware vCenter Server」の通信負荷を軽減する、新開発のVirtual Infrastructure Integration Server(VIIS)コンポーネントの採用により、VMware vCenter Serverへの通信負荷を代替し、大規模環境においてもvSphereのパフォーマンス低下を抑制する。また、管理ツール「Kaspersky Security Center」の刷新により、運用管理業務の生産性を向上できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×