50個以上の暗号プロトコルのセキュリティ評価結果を公開(NICT) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

50個以上の暗号プロトコルのセキュリティ評価結果を公開(NICT)

NICTは、暗号プロトコルのセキュリティ評価結果をリスト化し、公開したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は10月20日、暗号プロトコルのセキュリティ評価結果をリスト化し、公開したと発表した。これは、標準化された51個の暗号プロトコルとその他7個の主要プロトコルについて、学術論文数十本の成果に相当するセキュリティ評価結果をリストとしてまとめたもの。NICTのポータルサイトで公開し、評価の追試が可能。

リストの整備においては、自動検証ツールを用いてプロトコルを評価。評価対象のプロトコルすべてに関して評価結果を精査し、問題点を洗い出している。さらに、国際標準ISO/IEC29128における評価レベルのいずれに相当するかを明らかにした。システム設計者は同リストを一覧することで、目的とする機能を実現する暗号プロトコルについて、「現状安心して使える」「対策を施せば安心して使える」「もはや安心して使えない」を容易に判断できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×