火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」を展示(プレス工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」を展示(プレス工業)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 プレス工業は16日まで東京ビッグサイトで開催されている「危機管理産業展2015」において、急な噴火に備えて避難ができる「火山噴石シェルター」や大地震発生時の一時退避場所にできる「地震シェルター」の実機展示を行った。

 4月から販売開始されている「地震シェルター」は、約300kgの鉄骨が10mの高さから落下しても耐えうる強度(同社のシミュレーション)を有しており、大地震発生時に落下物の危険性がある建物での一時退避場所として工場や倉庫などに設置することを想定している。

 あくまでも揺れが収まるまでの一時的な退避場所という位置付けなので、揺れが収まったらすみやかにより安全な場所へと移動することが望ましい。大きさは人数に応じてカスタマイズ可能で、停電に備えて電池式の常備灯も備える。窓はポリカーボネード製なので、ガラスよりも強度面で優れている。

 地震シェルターをベースにして正面と上部に鉄骨を組むことで火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」は、現在開発中の製品だが、過去に起きた火山噴火のデータをもとに、直径50cm(約230kg相当)の噴石が220km/hで飛んできても大丈夫な構造になっている。

 「地震シェルター」が160万円(税別)、「火山噴石シェルター」が参考価格となるが約300万円を予定している。

予期せぬ火山噴火の噴石から身を守れる「火山噴石シェルター」……プレス工業

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

    2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  2. 米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

    米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  3. 超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

    超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

  4. 井之上PR社長 鈴木孝徳のセキュリティ事故発生時の記者会見「べからず集」

  5. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  6. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第1回「インシデント対応ハンズオン2017」について語る

  7. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第2回「今求められるSOC、CSIRTの姿とは~世界の攻撃者をOMOTENASHIしないために~」について語る

  8. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

  9. ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

  10. デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×