火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」を展示(プレス工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」を展示(プレス工業)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 プレス工業は16日まで東京ビッグサイトで開催されている「危機管理産業展2015」において、急な噴火に備えて避難ができる「火山噴石シェルター」や大地震発生時の一時退避場所にできる「地震シェルター」の実機展示を行った。

 4月から販売開始されている「地震シェルター」は、約300kgの鉄骨が10mの高さから落下しても耐えうる強度(同社のシミュレーション)を有しており、大地震発生時に落下物の危険性がある建物での一時退避場所として工場や倉庫などに設置することを想定している。

 あくまでも揺れが収まるまでの一時的な退避場所という位置付けなので、揺れが収まったらすみやかにより安全な場所へと移動することが望ましい。大きさは人数に応じてカスタマイズ可能で、停電に備えて電池式の常備灯も備える。窓はポリカーボネード製なので、ガラスよりも強度面で優れている。

 地震シェルターをベースにして正面と上部に鉄骨を組むことで火山の噴石から身を守ることができる「火山噴石シェルター」は、現在開発中の製品だが、過去に起きた火山噴火のデータをもとに、直径50cm(約230kg相当)の噴石が220km/hで飛んできても大丈夫な構造になっている。

 「地震シェルター」が160万円(税別)、「火山噴石シェルター」が参考価格となるが約300万円を予定している。

予期せぬ火山噴火の噴石から身を守れる「火山噴石シェルター」……プレス工業

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  2. あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

    あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

  3. サイバー犯罪捜査に正しい知識と技術を - 静岡のITベンチャー

    サイバー犯罪捜査に正しい知識と技術を - 静岡のITベンチャー

  4. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  5. アジア最大規模の国際セキュリティカンファレンス ISEC 2017、韓国ソウルで9月開催

  6. ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]

  7. 「CODE BLUE 2017」は11月、一般向けおよび女性向けCTF国際大会を初開催(CODE BLUE事務局)

  8. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  9. アジア人初の DEF CON CTF ファイナリスト集団によるハンズオントレーニング、虎ノ門ヒルズに開校

  10. 外からのサイバー攻撃と内部犯行の違いとは~内部不正対策の三要素

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×