シリコンバレーを非合法化する欧州に、ホワイトハウスは「深く失望」~Safe Harbor に関する判決は「米国企業に対する解禁期」だ(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

シリコンバレーを非合法化する欧州に、ホワイトハウスは「深く失望」~Safe Harbor に関する判決は「米国企業に対する解禁期」だ(The Register)

「今日の決断に、我々は深く失望している」と彼女は伝え、また「それは米国と EU の両方の企業、および消費者に甚大な不信感を築き上げ、また大西洋域のデジタル経済の繁栄をリスクに晒すものだ」と加えて述べた。

国際 TheRegister
欧州司法裁判所が、長年に渡って継続されてきた「Safe Harbor」協定の事実上の終結を決断したことに、米国政府は「深く失望」している。その協定は大西洋全域の個人データの流れをカバーするものだった。

欧州法では、欧州市民の個人データは(プライバシー上の理由で)欧州大陸の中に留まらなければならない。(しかし)米国企業が大西洋を越え、欧州人の個人情報へアクセスできるようにするために、米国は欧州との「Safe Harbor」協定を結んでおり、それは人々のデータの安全を保持することを約束していた。

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×