Clavister社と提携、UTMアプライアンスやIoT対応など多彩に展開予定(キヤノンITS、Clavister) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.17(火)

Clavister社と提携、UTMアプライアンスやIoT対応など多彩に展開予定(キヤノンITS、Clavister)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は10月6日、都内スウェーデン大使館で記者発表会を開催、スウェーデンのClavister AB社と販売代理店契約を締結したと発表した。第1弾として、日本市場のニーズを取り入れた次世代ファイアウォール製品の販売を11月上旬より開始する。発表に先立ち、同館の駐日大使であるマグヌス・ローバック氏は前日のノーベル賞の発表に触れ、「日本とスウェーデンは科学技術をはじめとする長い交流の歴史があり、日本人のノーベル賞受賞をホスト国としても非常に喜ばしく思っている。今日も、Clavister社とキヤノンITSのパートナーシップという非常に重要な発表がある。両社ともクレバーな会社であるため、今後のインターネットセキュリティに大いに貢献することと期待している」と述べた。

キヤノンITSのセキュリティソリューション事業部長である近藤伸也氏は、キヤノンITSを「キヤノンが100%出資するSE集団であり、SI、ITサービス、エンベデッド、プロダクトの4つを担当し、企画、営業、研究開発、サポートをワンストップで提供できる会社」であるとし、セキュリティソリューション事業では、製品を自社で開発するほか、海外製品は日本市場に合わせてローカライズし、国内製品は知見に基づく付加価値をつけて提供する、特にコンシューマからエンタープライズまで対応する充実したサポート体制が特長であるとした。これらによりUTMの出荷台数の伸び率は国内全体よりも高いという。

続いて、Clavister社のCEOであるジム・カールソン氏がClavister社について説明した。1997年に設立された同社はネットワークセキュリティにフォーカスしており、グローバルに展開、25.000社の導入実績と185,000のインストール実績があるという。またグローバルのサイバーセキュリティ市場は急拡大しており、2020年には1,700万ドル規模になると予測されており、その背景にはハッキングや情報漏えい事件がある。日本でも2013年は128億件のサイバー攻撃を受けた。「セキュリティは破られる」とFBIのデヴィッド・トーマス氏が言っているが、そうした状況の中でClavisterはEU諸国に最高レベルのセキュリティ対策を提供しているとした。

またカールソン氏はClavister製品の特長として、「バックドアがないこと」と「政府や政治団体との関係がないこと」「自社で一から独自開発、実装していること」「非常に高性能であること」「ソフトウェア中心でベンダロックがないこと」「他社製品と比較して25倍以上のコスト効率」「フットプリントが小さいためIoT機器にも有効であること」など挙げ、スウェーデンではイケアやエリクソン、Skype、SAABなど多くの企業が採用しているとした。さらに、日本は重要な市場であり、大手SIであり戦略も合致するキヤノンITSと組むことで広く展開していきたいと述べた。

キヤノンITSのセキュリティソリューション事業部の営業部長である崎山秀文氏は、新製品と今後のビジネス展開について説明した。崎山氏はキヤノンITSの特長として「メーカーであり販社でありSIerであり、ソリューション提案やサービス提供も行い、日本のセキュリティソリューション市場を熟知している」ことを挙げた。さらにClavisterの特長として「LinuxやOSSを使用しない完全独自開発」を挙げ、これによりフットプリント11MBという軽量さ、不要なプロセス処理がないことによる高速性、脆弱性の少ない堅牢性といったメリットがあるとした。

また、アプライアンス、仮想アプライアンス、UTMファームウェアのOEM供給と、3つの供給形態があることを説明、これを活かし、キヤノンITSでは今後「IoTへの組み込み提案」「仮想製品・OEM販売」「アプライアンス製品の販売」で展開していくとした。さらにアプライアンス製品として「Clavister E80」を紹介した。同製品はアンチウイルス、アンチスパム、ファイアウォール、IDP、Webコンテンツフィルター、アプリケーション制御、IPSec VPN、SSL VPNを搭載するUTMで、11月より販売予定。参考価格としてUTMライセンス1年付属版が210,000円、5年付属版が420,000円(ともに税別)を示した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  6. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  7. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  8. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  9. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  10. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×