日本が「1 億以上の国民 ID」の巨大なシステムの運用を開始~100 万人を超える年金受給者のデータが漏洩してから、わずか数か月後に(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

日本が「1 億以上の国民 ID」の巨大なシステムの運用を開始~100 万人を超える年金受給者のデータが漏洩してから、わずか数か月後に(The Register)

国際 TheRegister

※編集部註:日本国外での報道の内容と表現をお伝えするため、本記事は The Register による原文を敢えて忠実に翻訳しております。


高齢化する市民から不満の声が広がっているにも関わらず、日本政府は社会保障と課税を目的とした全国初の国民 ID システムを開始した。

月曜(編集部註:2015年10月5日)から、この新しいマイナンバー識別システムの下で、日本の居住者(外国人を含む)に一意的な 12 桁の番号の割り当てが行われている、と Japan Times は報じた

その運用の開始が「より効率的で平等な社会」の到来を告げるだろう、という政府の声明は、現在のところ懐疑的に受け止められているため、「危険信号を示すものは多い」と Japan Times は主張している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×