「Sony のハッキングは戦争だった」と語る FBIは「才能のある人材の確保に苦しんでいる」~サイバー犯罪者は国内にいれば安全だが「海外へ出られるものなら出てみろ」(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

「Sony のハッキングは戦争だった」と語る FBIは「才能のある人材の確保に苦しんでいる」~サイバー犯罪者は国内にいれば安全だが「海外へ出られるものなら出てみろ」(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【Cloudsec】
9 月 17 日(木曜日)、FBI 管理官の Timothy Wallach は、ネットセキュリティカンファレンス Cloudsec で届けられた「FBI によるサイバー犯罪者のグラデーションシステム」の講演の中で、「昨年に起こった Sony Pictures のハッキングは戦争行為だった」と述べた。

米国の複数の機関は、Sony の攻撃元として、何度も北朝鮮政府の名を挙げてきた。それは当初、「北朝鮮が技術的な暗黒時代の只中にいるというのは、広く信じられていることだ」と蔑視するところが大きいものだった。

しかし、この侵害事件の帰属における NSA の役割の情報が公開されるにつれ、「北朝鮮の関与」は次第に受け入れられるものとなった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×