ビーコンとスマホでオフラインプロモーションを可能にするシステムを提供(ラック) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

ビーコンとスマホでオフラインプロモーションを可能にするシステムを提供(ラック)

ラックは、ビーコンを活用したオフラインプロモーションを可能とするソリューション基盤「ポトフ」を開発、第一弾となるシステムの提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは10月6日、ビーコンを活用したオフラインプロモーションを可能とするソリューション基盤「ポトフ」を開発、第一弾となるシステムの提供を開始したと発表した。ポトフ(POTF)は「Plural Options of Transfer Facility~情報伝達機能を提供する複数の手段~」の略で、BLE(Bluetooth Low Energy)技術を活用したBluetoothビーコンにより、位置情報と連動した情報をスマートフォンなどに送信するもの。今回提供されたシステムは、ビーコン受信機を持つユーザの行動を情報として収集、蓄積する。このため、リアルタイムもしくは事後に訪問者の行動分析を行うなど、マーケティングの基礎情報としても活用できる。

同システムの事例としては、9月24日に公益財団法人 東京動物園協会が発表し、現在開催されているイベントである都立動物園・水族園クイズラリー「なきまね怪盗現る!? コキャットからの挑戦状 IN TOKYO ZOO」がある。来場者がスマートフォンに専用アプリをダウンロードして都立動物園・水族園4園に行くことで、アプリがビーコンの通知を受信しクイズラリーやさまざまな情報を楽しめる。このようにポトフの活用で、、教育施設やスポーツ施設での情報提供や、商業施設でのプロモーション、迷子対策への活用など、低コストかつスピーディーにオフラインプロモーションを始めることが可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×