「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com)

NTT.Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、プロフェッショナルサービス「コンサルティング」および「レスキューサービス」における未知のマルウェアへの対策を大幅に強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は10月2日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、プロフェッショナルサービス「コンサルティング」および「レスキューサービス」における未知のマルウェア(ウイルス)への対策を大幅に強化したと発表した。企業のPCやサーバなど、エンドポイントまでを対象としたセキュリティ対策の立案・策定から、インシデント対応に至るまで、未知のマルウェアへの対策全般を強化し、標的型攻撃などによる情報詐取リスクを大幅に低減する。

今回の強化では、ユーザ企業のネットワーク環境において未知のマルウェアの侵入を検知し、当該検知と連動して外部向けの不正通信を迅速に遮断するサービス「リアルタイムマルウェア検知(RTMD)」の検知ノウハウや、FireEye社の知見などを活用している。これにより、コンサルティング(ICT環境のリスクアセスメント)ではマルウェアの潜伏状況や情報詐取の活動の有無を調査する。またレスキューサービス(インシデント対応&フォレンジック調査)では、RTMDで検出した固有のマルウェア情報を活用し、初動対応に加えてフォレンジック調査・分析や被害状況の把握が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×