「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「WideAngle」における未知のマルウェア対策を大幅に強化(NTT.Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は10月2日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、プロフェッショナルサービス「コンサルティング」および「レスキューサービス」における未知のマルウェア(ウイルス)への対策を大幅に強化したと発表した。企業のPCやサーバなど、エンドポイントまでを対象としたセキュリティ対策の立案・策定から、インシデント対応に至るまで、未知のマルウェアへの対策全般を強化し、標的型攻撃などによる情報詐取リスクを大幅に低減する。

今回の強化では、ユーザ企業のネットワーク環境において未知のマルウェアの侵入を検知し、当該検知と連動して外部向けの不正通信を迅速に遮断するサービス「リアルタイムマルウェア検知(RTMD)」の検知ノウハウや、FireEye社の知見などを活用している。これにより、コンサルティング(ICT環境のリスクアセスメント)ではマルウェアの潜伏状況や情報詐取の活動の有無を調査する。またレスキューサービス(インシデント対応&フォレンジック調査)では、RTMDで検出した固有のマルウェア情報を活用し、初動対応に加えてフォレンジック調査・分析や被害状況の把握が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×