ロックダウン型ウイルス対策ソフトを基礎勘定系システム端末に採用(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

ロックダウン型ウイルス対策ソフトを基礎勘定系システム端末に採用(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は9月1日、株式会社みずほ銀行および同行のシステム設計・開発を担うみずほ情報総研株式会社(みずほ情報総研)が、トレンドマイクロのロックダウン型ウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock(TMSL)」をみずほ銀行の全国4カ所の電算センター内にある基礎勘定系システムの専用端末約170台に対するセキュリティ対策製品として導入したと発表した。

みずほ銀行では、業界の特性から非常に強固なセキュリティ対策が求められているが、預金管理や為替取引などの基幹業務を担う基礎勘定系システムの専用端末など導入していたウイルス対策ソフトがパターンファイルをベースとしたウイルス対策ソフトであったため、未知の脅威に対する安全性の更なる向上が求められていた。また、パターンファイル更新の度に実施する事前の動作検証や、1台あたり約30分を要するクローズドネットワーク環境下におけるパターンファイルの手動配信など、多大な作業工数の削減が求められていたという。

そこでみずほ銀行およびみずほ情報総研では、これらの要求を満たし、かつ同行におけるセキュリティ対策指針に準拠するセキュリティ対策製品として、TMSLの採用を検討した。TMSLはロックダウン型のため、予め許可したアプリケーション(ホワイトリスト)以外は、端末内での実行を防止することが可能。また、パターンファイルがなくなることにより、パターンファイル更新にともなう作業が不要となることなどから導入に至ったという。また、トレンドマイクロの迅速かつ適切なサポートも高く評価された。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×