MIT の研究者たちが Tor の秘匿サービスを 88%の精度で識別~隠されているもので、あらわにならぬものはない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

MIT の研究者たちが Tor の秘匿サービスを 88%の精度で識別~隠されているもので、あらわにならぬものはない(The Register)

国際 TheRegister

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちが、Tor の脆弱性を実証した。それを悪用した場合、最大 88%の精度で、秘匿サービスの識別を行える可能性もあるという。

MIT、およびカタールコンピューティング研究所(Qatar Computing Research Institute、QCRI)の情報セキュリティ研究者たちは、今夏開催の Usenix Security Symposium で発表される論文のために、その匿名ネットワークを攻撃した。

その研究者たちは、「隠されたサーバの場所」を、あるいは「割り当てられた Tor ユーザーを突き止めるための情報源」を、敵がどのようにして推測できるのかを説明した。それは Tor ネットワーク(完全にボランティアで運営されている)の「1 台のコンピュータを通過する暗号化されたデータのトラフィックパターン」を分析することによって可能となる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×