2015年第2四半期の国内クライアントPCの市場出荷実績が大幅に落ち込み、Windows XPサポート終了による2014年の特需の反動が要因(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

2015年第2四半期の国内クライアントPCの市場出荷実績が大幅に落ち込み、Windows XPサポート終了による2014年の特需の反動が要因(IDC Japan)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 IDC Japanは24日、2015年第2四半期(4月~6月)の国内クライアントPCの市場出荷実績について発表した。

 同期の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が132万台で前年同期比42.1%減、家庭市場は121万台で同比27.9%減、計253万台で同比36.0%減と大きく落ち込んだ。総出荷台数が253万台を下回るのは、同社の集計では、1999年第2四半期(246万台)以来とのこと。

 出荷台数が落ち込んだ要因としては、円安により割高感が増したこと、Windows XPサポート終了による2014年の特需の反動とみられる。ベンダー上位5社の出荷台数は、NECレノボ グループの首位は変わらなかったが、HPがマイナスの幅を抑えて前期より1.0ポイントシェアを伸ばし、東芝と同率3位に上昇した。

国内PCの出荷、1999年以来の低水準……前年同期比36.0%減

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×