アラブの春が、いかに商用スパイウェアを暴いたのか~そして米国政府は、いかに Wassenaar Arrangement でヘマをやらかしたのか(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

アラブの春が、いかに商用スパイウェアを暴いたのか~そして米国政府は、いかに Wassenaar Arrangement でヘマをやらかしたのか(The Register)

その改定には「ゼロデイのエクスプロイトを発見し、それを利用できる侵入ソフトウェア(intrusion software)やコード、および IP 監視プログラムの禁止」が含まれた。その大雑把な言い回しにより研究が冷え込むことを、彼らは懸念している。

国際 TheRegister
【Black Hat 2015】
中東の政府が「アラブの春」の反乱を受けて崩壊したとき、その副作用の一つとして「商用スパイウェアのベンダーによる怪しげな行動の動かぬ証拠が暴かれたこと」が挙げられる。残念なことに現在、それは回りまわって我々全員を危険に晒している。

ムバラク政権が崩壊したことで明らかとなった文書は、エジプトが Gamma International(英国拠点の企業)から商用のスパイウェアを購入していたことを示した。一方シリアでは、Blue Coat Systems がディープパケットインスペクションの機器を政府に販売していたこと(※文末に註釈あり)が確認された

カダフィによる独裁政権が崩壊したリビアも同様だった。Amesys──フランスのコングロマリット Groupe Bull の子会社──は、その「気がふれた大佐」の政権に、リビア市民を国内外の両方で追跡するためのスパイウェアを販売していたことが判明している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×