日本・スウェーデン・スイスに対象を絞った標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開(パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

日本・スウェーデン・スイスに対象を絞った標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開(パロアルトネットワークス)

 パロアルトネットワークスは25日、日本・スウェーデン・スイスの銀行に対する標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 パロアルトネットワークスは25日、日本・スウェーデン・スイスの銀行に対する標的型攻撃「Retefe」に関する情報を公開した。

 「Retefe」は、金融組織を狙った標的型“トロイの木馬”の1種で、日本・スウェーデン・スイスに攻撃を絞っているのが特徴だ。パロアルトネットワークスによると、同社のサイバー脅威インテリジェンスサービス「AutoFocus」が、8月に入ってから、西ヨーロッパと日本において、Retefeを配信する電子メールの急増を検知したという。

 これらのメールは、標的とする国に合わせてさまざまな「注文」「領収書」をよそおった件名、日付の入ったファイル名を使用している。差出人は、近隣の家電量販店などを名乗っているが、日本では、国内大手ECサイトを装ったメールのケースが確認されたとのこと。

 Retefeは現在まだ小規模な攻撃だが、最新の攻撃では追加マルウェアをインストールするために感染端末を利用し始めており、日本・スウェーデン・スイス以外の、他の国のユーザーも脅威の対象になる可能性があるという。

ECサイトを騙った標的型攻撃「Retefe」、日本で急増

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×