【Black Hat 2015】 IoT が生む脅威、Linux 搭載の自動照準ライフルをリバースエンジニアリング | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

【Black Hat 2015】 IoT が生む脅威、Linux 搭載の自動照準ライフルをリバースエンジニアリング

実験の中で、彼らは「本来の標的(人型)の隣にある標的」のほぼ中央に当たるよう、照準を調整することにも成功している。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
IoT の普及によるセキュリティ上のリスクは、これまでにも様々な形で語られてきた。先日に起こった Fiat Chrysler の大量リコールの騒ぎも、「ハッカーに制御を奪われた機器は凶器に豹変しえる」ということが実証され、メーカーや国が対応に追われた一例だったと言えるだろう。

そして2015年8月6日、Black Hat 2015 のステージでは、セキュリティ研究者の Runa Sandvik と Michael Augur が「銃器」そのものに対するリモートハッキングを詳説した。

《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×