IE向けに定例外のセキュリティ情報を公開、深刻度は「緊急」(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

IE向けに定例外のセキュリティ情報を公開、深刻度は「緊急」(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、緊急のセキュリティ情報1件を定例外で公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は8月19日、緊急のセキュリティ情報1件を定例外で公開した。公開されたセキュリティ情報は「MS15-093:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3088903)」で、Windowsクライアント上のInternet Explorer(IE)7、8、9、10、11(深刻度:緊急)、Windowsサーバ上のIE 7、8、9、10、11(深刻度:警告)が影響を受ける。なお、影響を受ける環境にはWindows 10も含まれる。

今回のセキュリティ情報により修正される脆弱性はメモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-2502」で、細工されたWebページを表示することでリモートからコードを実行される可能性がある。この更新プログラムは、Windows Updateを介して入手、適用できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×