日本法人市場におけるMVNOの利用実態・意識調査の結果を発表(J.D.パワーアジア・パシフィック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

日本法人市場におけるMVNOの利用実態・意識調査の結果を発表(J.D.パワーアジア・パシフィック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 J.D.パワーアジア・パシフィックは5日、日本法人市場におけるMVNOの利用実態・意識調査の結果を発表した。調査時期は6月で、全国の従業員規模50名以上企業3,834社から回答を得た。

 それによると、法人向けのMVNOサービス(「SIMカードと電話機をセットで契約する形態」もしくは「SIMカードのみ契約する形態」)を検討したことがある企業は6%、実際に契約している企業は3%に留まっていることが明らかとなった。「検討したい/契約したい」と回答した企業は12%だった。「検討したい/契約したい」とした企業が「MVNOを選ぶ際の重視点」に選んだ項目では、「コスト」がもっとも多く、以下「通信品質・エリア」「サポ―ト体制」となった。

 なお事業者別の利用率では、「SIMカードと電話機のセットで契約」「SIMカードのみ契約」いずれもNTTコミュニケーションズの利用率が6割を超えトップシェアだった。

MVNOの法人利用、契約企業は3%に留まる……事業者シェアはNTT Comが6割超

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×