日本クレジット協会のコンピュータから外部へ不正通信、専門機関が指摘(日本クレジット協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

日本クレジット協会のコンピュータから外部へ不正通信、専門機関が指摘(日本クレジット協会)

日本クレジット協会は、同協会のコンピュータから外部へ不正な通信が行われているとの指摘を受けたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
一般社団法人 日本クレジット協会は8月3日、同協会のコンピュータから外部へ不正な通信が行われているとの指摘を受けたと発表した。これは、コンピュータセキュリティの専門機関より指摘があったもの。同協会ではネットワーク内のコンピュータがマルウェアに感染している可能性もあることから、外部との通信を遮断するとともに、専門機関の協力を得て事実関係の詳細確認および再発防止に向けた取り組みを行っているという。

この対応により、同協会ではWebからの消費者相談の受付ができない状況であるため、当面は電話を利用するよう呼びかけている。なお、同協会では個人のクレジット取引に関する情報(属性情報、クレジットカード番号等、利用、支払い履歴など)は保有していない。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×