Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 2)(The Register)

国際 TheRegister

●Chrysler にとってセキュリティとは、まったく不明瞭なものであるようだ

(この欠陥の)影響を受ける車両のオーナーは、アップデートデータの入った USB ドライブを郵便で受け取るか、またはダウンロードしたパッチをスティックにコピーすることにより、自力での修復が可能となる。あるいは Chrysler のディーラーに、車を無料でアップデートしてもらうという手段もある。

「車両のハッキングは簡単にできることではない。2 人のセキュリティ研究者 Charlie Miller と Chris Valasek は、Miller の SUV に組み込まれた特定のシステムに侵入し、その制御を得るまでに数か月を費やした。彼らは専門家だ」と、Chrysler はブログの記事で語った。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×