Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 2)(The Register)

Chrysler が、このワイヤレスの脆弱性について伝えられたのは約 7 か月前のことだった。そして同社は修正の調整をしたのち、今月(2015 年 7 月)初頭に、広報活動を行うこともないまま、サービスパックの中にパッチを入れた。

国際 TheRegister
●Chrysler にとってセキュリティとは、まったく不明瞭なものであるようだ

(この欠陥の)影響を受ける車両のオーナーは、アップデートデータの入った USB ドライブを郵便で受け取るか、またはダウンロードしたパッチをスティックにコピーすることにより、自力での修復が可能となる。あるいは Chrysler のディーラーに、車を無料でアップデートしてもらうという手段もある。

「車両のハッキングは簡単にできることではない。2 人のセキュリティ研究者 Charlie Miller と Chris Valasek は、Miller の SUV に組み込まれた特定のシステムに侵入し、その制御を得るまでに数か月を費やした。彼らは専門家だ」と、Chrysler はブログの記事で語った。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×