Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 1)(The Register)

それらの車は、Fiat Chrysler のセルラーネットワーク uConnect を経由してインターネットに接続するため、その車のパブリック IP アドレスを知っていれば、誰でも数マイル離れた場所からアクセス、改ざんを行うことができる。

国際 TheRegister
Fiat Chrysler にとっての「悪い週」は、ますます悪化した。ソフトウェアに危険な欠陥があるということが、ほんの数日前に公表されたことを受け、米国家道路交通安全局(The US National Highway Traffic Safety Administration、以下 NHTSA)は、その自動車メーカーの車両 140 万台をリコールした。

火曜(編集部註:2015 年 7 月 21 日)、著名なハッカー Charlie Miller と Chris Valasek が、Fiat Chrysler の車に組み込まれたコンピュータシステムの馬鹿馬鹿しい脆弱性について警告を発した。その欠陥を悪用した攻撃者は、エンジン、ブレーキ、エンターテインメントシステムをワイヤレスで制御することができる。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×