Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Chrysler の呆れたセキュリティホール:USB スティックが 140 万台の車を修復する~馬鹿げた欠陥を調査した監視役が大規模なリコール宣言(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

Fiat Chrysler にとっての「悪い週」は、ますます悪化した。ソフトウェアに危険な欠陥があるということが、ほんの数日前に公表されたことを受け、米国家道路交通安全局(The US National Highway Traffic Safety Administration、以下 NHTSA)は、その自動車メーカーの車両 140 万台をリコールした。

火曜(編集部註:2015 年 7 月 21 日)、著名なハッカー Charlie Miller と Chris Valasek が、Fiat Chrysler の車に組み込まれたコンピュータシステムの馬鹿馬鹿しい脆弱性について警告を発した。その欠陥を悪用した攻撃者は、エンジン、ブレーキ、エンターテインメントシステムをワイヤレスで制御することができる。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×