Adobe Flash Playerの脆弱性について注意を呼びかけ、限定的な標的型攻撃も確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

Adobe Flash Playerの脆弱性について注意を呼びかけ、限定的な標的型攻撃も確認(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は24日、Adobe Flash Playerの脆弱性について、注意を呼びかけた。アドビが23日に情報を公開するとともに、最新版「Adobe Flash Player 18.0.0.194」を公開している。

 アドビ社が公開した情報によると、脆弱性「APSB15-14」を悪用するコンテンツを開いた場合、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性があるという。すでに限定的な標的型攻撃も確認されているとのこと。

 対象バージョンは、Adobe Flash Player 18.0.0.161およびそれ以前。最新版である「18.0.0.194」にバージョンアップすることで脆弱性は解消する。Windows 8用Internet Explorer 10、Windows 8.1用InternetExplorer 11およびGoogle Chromeは、標準でAdobe Flash Playerが同梱されており、Windows Updateなどでも最新のAdobe Flash Playerが更新プログラムとして提供される。

Adobe Flash Playerが緊急更新……任意コード実行の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×