「医薬品食品衛生研究所」などの端末がマルウェア感染の可能性(厚生労働省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

「医薬品食品衛生研究所」などの端末がマルウェア感染の可能性(厚生労働省)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 厚生労働省は13日、関係組織である「医薬品食品衛生研究所」「精神・神経医療研究センター」「健康保険組合連合会」の端末がマルウェアに感染していた可能性があることを発表した。

 すべてネットワークの外部接続を遮断済みで、現在事実関係を確認中とのこと。現時点で個人情報の漏洩は確認されていない。今後、詳細な事実関係が確認され次第、発表を行うという。

 「医薬品食品衛生研究所」では、端末1台の感染を確認。12日に、感染が確認された、または感染の疑いのある端末が接続されているネットワークについて外部との接続を遮断した。

 「精神・神経医療研究センター」では、端末の感染は確認されていないが、疑いのある端末が接続されているネットワークを11日に遮断した。「健康保険組合連合会」では、端末2台の感染を確認。12日にネットワークを遮断した。なお、「精神・神経医療研究センター」サイト、「健康保険組合連合会」サイトは、別システムのため稼働中。

厚労省、年金機構につづき複数の関係組織でマルウェア感染

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×