【Interop 2015】ホワイトリスト機能搭載のレイヤ2スイッチを参考出展(アラクサラ ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

【Interop 2015】ホワイトリスト機能搭載のレイヤ2スイッチを参考出展(アラクサラ ネットワークス)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 アラクサラ ネットワークスは10日、幕張メッセで開催中の展示会「Interop Tokyo 2015」に、ホワイトリスト機能搭載のレイヤ2スイッチ「AX2500Sシリーズ」を参考出展した。

 ビル内管理や電力関連など、従来はクローズドだった制御システム。しかし、最近ではクラウドに接続するケースも増え、IOTに対応したセンサーも登場している。こうなると外部からの侵入に対するセキュリティ対策が必要になると、アサクサラ ネットワークスでシニアストラテジースタッフを務める新井一成氏は警告している。

「しかし、ネットワークを最新のものに切り替えようとすると、費用も時間も膨大になります。また、従来のスイッチでもACLの設定でホワイトリストは作れますが、ネットワークがつぎはぎに拡張された環境などでは、そのすべてにホワイトリストを設定するのが困難でした」

 こうした問題に対応すべく、「AX2500Sシリーズ」では学習モードが搭載された。安全な環境を構築した状態で、従来のスイッチに置き換えることで、ホワイトリストを自動で生成。後は、通常の運用モードに切り替えれば、フィルタリングによって不審なトラフィックを発見したら警告してくれる。もちろん、フロー単位でのトラフィックの遮断も可能だ。

 製品は今年の下期には発売される予定。当初はビルや工場での利用を想定し、さらなる分野へと展開を広げていきたいという。制御システムは社会のインフラに使われているだけに、その安全を守るセキュリティ対策は、今後不可欠なものになっていくだろう。

【Interop 2015 Vol.12】ホワイトリストを自動作成……スイッチで制御システムのセキュリティを強化する

《飛田@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  2. CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

    CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

  3. DMARCの国内ISP導入事例

    DMARCの国内ISP導入事例

  4. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  5. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  6. イスラエル発の国際セキュリティ会議「Cybertech」、11月30日開催(Cybertech Tokyo 運営事務局)

  7. x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

  8. Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第7回「オフィス/公衆Wi-Fiのセキュリティと混雑解消に向き合おう」について語る

  10. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×