標的型攻撃対策も実装できる中小企業向け統合アプライアンス(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

標的型攻撃対策も実装できる中小企業向け統合アプライアンス(ウォッチガード)

ウォッチガードは、中小企業向けに最適化されたファイアウォールの新シリーズ「Firebox M200」および「Firebox M300」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は6月10日、中小企業向けに最適化されたファイアウォールの新シリーズを発表した。新シリーズの「Firebox M200」および「Firebox M300」は、エンタープライズクラスの性能を持つ次世代ファイアウォール(NGFW)・統合脅威管理(UTM)の新アプライアンス。すべてのセキュリティ機能を有効にした場合、他社の同等レベルの製品と比較して最大218%の高速スループット、HTTPSによる暗号化トラフィックの検査では最大385%のスループットを実現する。

両製品は、他のウォッチガード製品と同様に独自OSである「Fireware」を基盤としており、最新世代のfreescaleのマルチコアプロセッサを採用、パフォーマンスのボトルネックを発生させることなく、UTMやNGFWの各セキュリティ機能をすべて同時に利用できる性能を持つ。また、専任スタッフが少ない中小企業でも、容易に導入できるRapidDeployサポートも提供される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×