デバイス制御ソフトに、マイナンバー対策に有効な機能を搭載した最新版(ラネクシー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

デバイス制御ソフトに、マイナンバー対策に有効な機能を搭載した最新版(ラネクシー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ラネクシーは6月3日、デバイス制御ソフトウェアの最新版として「DeviceLock 8.0」を同日より発売すると発表した。同社の販売代理店経由で販売し、6月8日の出荷開始を予定している。同製品は、米DeviceLock社が開発したソフトウェア。従来のUSBマスストレージ方式をはじめとしたさまざまなデバイスの制御に加え、MTP(PTP)方式でUSB接続するデバイスの使用禁止設定が可能。FireWireポート、Wi-Fiアダプタ、BluetoothアダプタなどクライアントPCの周辺機器の使用を制限することで、最新のセキュリティリスクに対応し情報漏えいを防止する。

最新版「DeviceLock 8.0」のContentLockでは、マイナンバーへのセキュリティ対策に有効となるコンテンツ認識機能を搭載する(2015年秋頃に搭載予定)。たとえば、ファイル内に数字12桁のデータがある場合、マイナンバー情報のパターンかどうかを自動判別し、デバイスへの書き出しやメール添付、インターネットへのアップロードなどの禁止を実現する。また、最新のMac OS X10.10(Yosemite)にも対応した。ContentLockへのOCR機能の追加や、NetworkLockへのMicrosoft Outlook Web App(OWA)の制御機能の追加も行われている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×