口永良部島の新岳が噴火、噴火直後に高さ9,000mの有色噴煙を確認 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

口永良部島の新岳が噴火、噴火直後に高さ9,000mの有色噴煙を確認

脆弱性と脅威 脅威動向

 29日9時59分に噴火した鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳。気象庁では噴火に備えて火山監視カメラを設置しており、ネットから確認することができる。

 午前中の時点では現地は晴れており、火口から立ち上る水蒸気と思われる白い雲が確認可能。気象庁によると噴火直後は高さ9,000mまでの有色噴煙が確認されたという。

 噴火被害として海岸まで達する火砕流の発生が確認されており、屋久島町には気象庁から避難勧告が出されている。

気象庁火山カメラが捉えた口永良部島の噴火画像

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×