SHA-1 暗号ハッシュ関数のリタイアにおける問題点~いまだに Windows XP や古い Android を利用しているような人々は、あてにならない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

SHA-1 暗号ハッシュ関数のリタイアにおける問題点~いまだに Windows XP や古い Android を利用しているような人々は、あてにならない(The Register)

国際 TheRegister

古い暗号ハッシュ関数「SHA-1」の段階的な廃止へ向かう行程は、障害の多いものになるかもしれない、とセキュリティ専門家たちが警告している。

SHA-1 は(一方向性の)ハッシュ化を行い、情報を「短いメッセージダイジェスト」の形に変換するもので、オリジナルの情報の復元はできない。このハッシュ化の技術は、デジタル署名やソフトウェアのダウンロード(内容が改ざんされていないことを確かめるため)、その他の様々な暗号アプリケーションで利用されている。

古くから存在している、この SHA-1 プロトコル――1995 年に発表された――は時代遅れとなり、2 つの異なる入力値から同じハッシュ値が出力される状況、つまり衝突攻撃(Collision Attacks)に対しては、もはや安全性を保てない。それはハッカーに対し、「本物のデータのパケットと同じハッシュ値となるよう操作されたコンテンツを投げかけるための道」を開くことになり、ハッシュ化のプロトコルにとっては末期的な状態だ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×