TrueCrypt 監査:わざわざ行われた徹底調査で…いまのところバックドアは見つからず~暗号ツールはコード再調査のハードルをクリア(The Register) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

TrueCrypt 監査:わざわざ行われた徹底調査で…いまのところバックドアは見つからず~暗号ツールはコード再調査のハードルをクリア(The Register)

この監査の次の段階は、TrueCrypt の基板となる暗号技術に対する精密検査となる。乱数発生器、暗号の一式、および暗号を支えるアルゴリズムは、すべていったん見直されることとなる。

国際 TheRegister
クラウドファンディングによる TrueCrypt の監査の第一段階は、いくつかの脆弱性を照らし出したが、特に不適当なものはなく、またバックドアのようなものは、確かなところ何も見つからなかった。

オープン暗号監査プロジェクト(Open Crypto Audit Project、OCAP)による監査の実施を請け負った iSEC Partners は、このフルディスクとファイルの暗号化ソフトウェアのコードに 11 の脆弱性を発見したものの、「深刻度・高」に該当する問題は何も見つからなかった。最も重要な問題として確認された 4 つの「深刻度・中」の欠陥は、この 32 ページの監査レポート(PDF ファイル)の中で詳述されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×