802.11acに対応する屋外・屋内用無線LANアクセスポイントを新発売(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

802.11acに対応する屋外・屋内用無線LANアクセスポイントを新発売(フォーティネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は5月13日、企業向けセキュア無線LANソリューションのラインアップに、新たに屋外・屋内用アクセスポイント「FortiAP-222C」を追加したと発表した。同日より出荷を開始している。同製品は、IEEE 802.11a/b/g/n/acに準拠し、2.4GHz b/g/nおよび5 GHz a/nの両帯域で動作する。80MHzチャネルボンディングを含んだ最新の802.11acをサポートするため、802.11nと比較して280%のスループット向上を実現している。壁面またはポールへのマウントも同梱される。

同社のセキュア無線LANソリューションは、FortiGateに標準で内蔵された無線LANコントローラ機能を活用し、アクセスポイントのOS、設定、ステータスの一元管理を行う。さらに、無線クライアントのユーザ認証、デバイス認証、アプリケーション制御をはじめ、FortiGateが提供するUTM機能を無線クライアントの通信に適用することによって、他社の無線LANソリューションやMDM/MAMソリューションでは困難だった無線LANから社内システムへのサイバー攻撃に対するプロテクションを実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×