邪悪な JPEG が、Windows サーバを狙って組織を攻撃する~バリデーションの落ち度で、何もかもが台無しにされるハッキングショーの映像(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

邪悪な JPEG が、Windows サーバを狙って組織を攻撃する~バリデーションの落ち度で、何もかもが台無しにされるハッキングショーの映像(The Register)

彼によれば、一部のアップロードポータルは非常に脆弱であるため、「ファイルの拡張子が jpg だ」というだけの理由で、悪質な動的コンテンツのアップロードを許してしまう。

国際 TheRegister
攻撃者たちは、「悪意ある JPG」を利用して最新の Windows サーバを攻撃し、ネットワークでの権限を広げることができる、とペネトレーションテスターの Marcus Murray が語っている。

【動画】The Little JPEG that Could (Hack Your Organization) w_ Marcus Murray on Vimeo

その TrueSec の研究者は今週(編集部註:2015 年 4 月第 4 週)、サンフランシスコで開催された RSA カンファレンスでのハッキングライブで、「バグの多い画像アップローダのプロトコルを利用している米国政府機関(機関名は公開されていない)」にアクセスするハッキングの技術を実演した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×