顧客のPCに「Windows」を複製した経営者を逮捕、標的型メール捜査で発覚(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

顧客のPCに「Windows」を複製した経営者を逮捕、標的型メール捜査で発覚(ACCS)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月1日、警視庁公安部と池袋署が4月28日、顧客のPCへ権利者に無断でソフトウェアを複製したとして、いずれも中国籍の東京都板橋区の会社経営男性(44歳)および東京都練馬区の従業員男性(31歳)を著作権法違反(複製権侵害)の疑いで逮捕したことを著作権侵害事件として発表した。

男性らは2014年4月13日頃、自らが経営する店舗において、マイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「Microsoft Windows7 Ultimate 64bit SP1(中国語版)」を、顧客が所有するPCのハードディスクへ有償で権利者の許諾なく複製していた。警察によると本件は平成25年、政府機関や日本企業に対する「標的型メール」の捜査の過程において発覚したものだという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×