Wi-FiホットスポットがiPhoneを「永遠に」ものすごく重くする~「Phantom」のハッキングで、あなたの「iなんとか」が一気に麻痺状態に (The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

Wi-FiホットスポットがiPhoneを「永遠に」ものすごく重くする~「Phantom」のハッキングで、あなたの「iなんとか」が一気に麻痺状態に (The Register)

HTTPプロキシを異常な値に設定することが、libsystem_network.dylibにおける複数のUAFの問題の端緒となる。この脆弱性が、複数のセキュリティ上望まない結果を引き起こす。

国際 TheRegister
今週のAppleのパッチにより修正されたある脆弱性は、iPhoneを簡単に文鎮化すると研究者は述べている。

「Phantom」とも呼ばれるこの欠陥(CVE-2015-1118)は、複数のUAF(use-after-free、解放済みメモリ使用)脆弱性を利用可能にするものだ。その際、攻撃者はユーザをだまして「iデバイス」のプロキシ設定を変更させる。

これにより、システムプラットフォームを含め、継続的にあらゆるアプリのクラッシュが引き起こされる。再起動すると、影響下にあるデバイスを「昏睡」状態に陥らせる。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×