自治体防災行政無線の音声をテレビから配信する実証実験を実施(TCN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

自治体防災行政無線の音声をテレビから配信する実証実験を実施(TCN)

 東京ケーブルネットワーク(TCN)は、自治体防災行政無線の音声をテレビから配信する実証実験を13日~6月末日に実施する。TCN加入世帯約184,000世帯に向け、地デジ11chで防災行政無線をテレビで聞くことができるようにする。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東京ケーブルネットワーク(TCN)は、自治体防災行政無線の音声をテレビから配信する実証実験を13日~6月末日に実施する。TCN加入世帯約184,000世帯に向け、地デジ11chで防災行政無線をテレビで聞くことができるようにする。

 そもそも防災行政無線は、災害時に警報や注意報、避難指示などを行うための無線システムだが、都心部では周囲の騒音にかき消されることも多かったという。 

 いざという時に肝心の警報などをしっかりと届けられるように、広く普及している地デジTVを活用し、聞こえにくかった防災行政無線を補完することを目的としている。

 TCNコミュニティチャンネル(地デジ11ch)を表示させ、リモコンの黄色ボタンを押すだけで、防災行政無線の音声をテレビから明瞭に聴くことができるサービスとなる。画面には行政からの緊急連絡がオーバレイ表示される。

 今回の実証実験は荒川区・千代田区・文京区の協力のもと、該当地域に住む東京ケーブルネットワークのテレビ接続者及び、アンケート&インタビュー調査に回答可能な人をモニターとして30名程度募集して行う。

 使用する機器と技術は、住友電工の地上デジタルHD・SD自主放送センター機「DME-3501」のエンコード技術と、メディアキャストが提供する統合型データ放送ソリューション「DataCaster M3(データキャスター エムスリー)」のデータ放送技術等を活用したもの。なお、視聴者側は追加設備を必要としない。

 実証実験を元に、地域社会に向けたサービスやコンテンツ展開などの調査を行うとしている。

都心部の防災行政無線をテレビで配信……TCNが実証実験を開始

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×