SSL/TLSによる暗号化通信を悪用する攻撃の増加を受け、5つの条件を提示(A10ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

SSL/TLSによる暗号化通信を悪用する攻撃の増加を受け、5つの条件を提示(A10ネットワークス)

A10ネットワークスは、メディアアラート「SSL検査ソリューションに求められる5つの条件」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
A10ネットワークス株式会社は4月10日、メディアアラート「SSL検査ソリューションに求められる5つの条件」を発表した。これは、普及が進んでいるSSL/TLSによる暗号化通信を悪用し、企業のセキュリティデバイスを標的とする新たなサイバー攻撃が増加していることを受けたもの。暗号化トラフィックに潜む攻撃の検知・防御に用いられるSSL検査ソリューションに必要な5つの条件について説明している。

現在SSLトラフィックは、すべての企業トラフィックの25~35%を占めており、業界によって70%にまで達していることなどから、メディアアラートでは、SSL検査ソリューションを選定する際に検討すべき5つの条件として「高いパフォーマンス」「コンプライアンス対応」「多様なセキュリティ製品のサポート」「セキュリティインフラのアップタイムとパフォーマンスの最大化」「SSL証明書と鍵の安全な管理」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×