SSL/TLSによる暗号化通信を悪用する攻撃の増加を受け、5つの条件を提示(A10ネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

SSL/TLSによる暗号化通信を悪用する攻撃の増加を受け、5つの条件を提示(A10ネットワークス)

A10ネットワークスは、メディアアラート「SSL検査ソリューションに求められる5つの条件」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
A10ネットワークス株式会社は4月10日、メディアアラート「SSL検査ソリューションに求められる5つの条件」を発表した。これは、普及が進んでいるSSL/TLSによる暗号化通信を悪用し、企業のセキュリティデバイスを標的とする新たなサイバー攻撃が増加していることを受けたもの。暗号化トラフィックに潜む攻撃の検知・防御に用いられるSSL検査ソリューションに必要な5つの条件について説明している。

現在SSLトラフィックは、すべての企業トラフィックの25~35%を占めており、業界によって70%にまで達していることなどから、メディアアラートでは、SSL検査ソリューションを選定する際に検討すべき5つの条件として「高いパフォーマンス」「コンプライアンス対応」「多様なセキュリティ製品のサポート」「セキュリティインフラのアップタイムとパフォーマンスの最大化」「SSL証明書と鍵の安全な管理」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×