レバノンの政治組織と思われる長期的サイバー攻撃、標的は機密情報か(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

レバノンの政治組織と思われる長期的サイバー攻撃、標的は機密情報か(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、レバノンの政治組織によるものと思われる長期的なサイバー攻撃に関するレポートを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は4月9日、レバノンの政治組織によるものと思われる長期的なサイバー攻撃に関するレポートを発表した。この攻撃キャンペーンは、同社のマルウェアおよび脆弱性調査チームが発見し、「Volatile Cedar」と名付けている。攻撃には、独自開発のマルウェア(コードネーム「Explosive」)が使用されていた。

2012年初頭から展開されていた同攻撃では、世界中の多数の組織が公開Webサーバの脆弱性を突くという方法でセキュリティ侵害を受け、ネットワーク内での活動を監視され、データを盗まれるという被害を被っているという。現時点で攻撃を受けた事実が確認されている組織は、防衛関連企業、通信事業者、メディア企業、教育機関など多岐にわたっている。また攻撃の特徴や被害状況などから、攻撃グループの目的は金銭的利益ではなく標的組織の機密情報にあると考えられるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×