Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充(NEC) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充(NEC)

NECは、Microsoft Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は4月7日、Microsoft Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充すると発表した。まず、企業内で利用中の、Windows Server 2003で動作しているファイルサーバを発見する「ファイルサーバ発見サービス」を無償で提供する。同サービスは、NECから送付される機器をユーザが自社のネットワーク環境に一定期間設置し、その後機器を返送することで、NECが情報を抽出・解析を行い、結果をユーザへ報告しOS情報を確認できるというもの。

移行作業をNECが実施する「ファイルサーバデータ移行サービス」と組み合わせて利用することで、発見から移行までの一連の作業をまるごとNECに委託することも可能。また、ファイルサーバとしての利用に適したストレージ製品「iStorage NSシリーズ」と移行ソフトウェア「NEC Easy Data Migration for File Server」(NEDAM)のセット製品や、アプリケーションサーバ(APサーバ)を一時的に仮想化基盤上に移行するサーバ仮想化延命セットなどの「サーバ移行パック」、ストレージ製品「iStorage NS300Tf」も同日より販売開始した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×