Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社(NEC)は4月7日、Microsoft Windows Server 2003のサポート終了に向け、移行支援サービスを拡充すると発表した。まず、企業内で利用中の、Windows Server 2003で動作しているファイルサーバを発見する「ファイルサーバ発見サービス」を無償で提供する。同サービスは、NECから送付される機器をユーザが自社のネットワーク環境に一定期間設置し、その後機器を返送することで、NECが情報を抽出・解析を行い、結果をユーザへ報告しOS情報を確認できるというもの。

移行作業をNECが実施する「ファイルサーバデータ移行サービス」と組み合わせて利用することで、発見から移行までの一連の作業をまるごとNECに委託することも可能。また、ファイルサーバとしての利用に適したストレージ製品「iStorage NSシリーズ」と移行ソフトウェア「NEC Easy Data Migration for File Server」(NEDAM)のセット製品や、アプリケーションサーバ(APサーバ)を一時的に仮想化基盤上に移行するサーバ仮想化延命セットなどの「サーバ移行パック」、ストレージ製品「iStorage NS300Tf」も同日より販売開始した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×