1,600以上のSaaSに対応する企業向けシングルサインオンサービス(NTT Com) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

1,600以上のSaaSに対応する企業向けシングルサインオンサービス(NTT Com)

NTT Comは、企業向けシングルサインオンサービス「ID Federation」の本格提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は4月3日、企業向けシングルサインオンサービス「ID Federation」の本格提供を同日より開始したと発表した。本サービスは、NTT Comが提供するSaaSに加え、Microsoft Office365、Salesforce、Box、GoogleAppsなどさまざまなSaaS(1,600以上)、また顧客のオンプレミス環境や各種IaaSサービス上の業務アプリケーションなどにもシームレスなシングルサインオンを可能にするもの。2014年12月よりトライアルサービスを実施していた。

サービスの本格提供開始にあたり、トライアルサービスで得られた顧客のニーズを踏まえ、シングルサインオン対応業務アプリケーションを大幅に拡充したほか、認証方式としてTOTP認証、機体認証、顧客のActive Directoryと連携した統合Windows認証、標準リスクベース認証のリスク判定要素を追加した。価格は基本メニューが1IDあたり月額100円。アプリケーションの追加や多要素認証はオプションとなる。なお、9月30日までに申し込んだユーザに対し、基本メニュー料金などを3カ月無料にする「Try&Buyキャンペーン」を実施する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×