豪州でメタデータの保持にかかるコストは、一人あたり年間で 3.98 豪ドル~豪州の司法長官 George Brandis は、その予算が「データ保持のコストに対する政府の貢献」を明らかにすると主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

豪州でメタデータの保持にかかるコストは、一人あたり年間で 3.98 豪ドル~豪州の司法長官 George Brandis は、その予算が「データ保持のコストに対する政府の貢献」を明らかにすると主張(The Register)

しかし Brandis は、その立ち上げ時のコストについて言及しなかった。システムの作成や、加入者のデータを保持するためのインフラ構築は安価とならないので、それは重要な要素である。

国際 TheRegister
「メタデータを保持する際にかかりそうな費用」として、豪州の司法長官たちに提供された PricewaterhouseCoopers のレポートは、1 人あたりの中央値で年間 3.98 豪ドル(編集部註:約 360 円)になることを示唆したそうだ。

それは、ほかならぬ討論会「豪州元老院」で、ほかならぬ人物「豪州司法長官 George Brandis」によって語られた言葉だ。

Brandis の発言は、昨日(編集部註:2015 年 3 月 23 日)に開かれた上院会議の議事録(PDF)の 86 ページに記録されており、それは以下のように述べている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×