Adobe Flash Player の PCRE エンジンにおける任意のコードが実行される脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.28(日)

Adobe Flash Player の PCRE エンジンにおける任意のコードが実行される脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
Adobe Systems 社の Adobe Flash Player に、任意のコードが実行される脆弱性が報告されています。脆弱性を利用されることにより、遠隔の攻撃者による不正侵入を許容してしまう恐れがあります。


2.深刻度(CVSS)
7.8
https://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2015-0318&vector=(AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C)


3.影響を受けるソフトウェア※1
以下のバージョンの Adobe Flash Player が当該脆弱性の影響を受けます。
- Adobe Flash Player 16.0.0.296とそれ以前のバージョン
- Adobe Flash Player 13.0.0.264とそれ以前の13.xバージョン
- Adobe Flash Player 11.2.202.440とそれ以前の11.xバージョン


4.解説
Adobe Flash Player は、Adobe Systems 社が開発している動画を再生するためのソフトウェアです。

脆弱な Adobe Flash Player では、正規表現のライブラリである PCRE エンジンのコンパイル処理に欠陥があります。PCRE は様々なファイルの正規表現をサポートしていますが、当該脆弱性を含む Adobe Flash Player の PCRE エンジンでは、Flash ファイルの正規表現のコンパイル処理の際に、マルチバイト文字がエスケープシーケンス \c に続いているとバグが発生し、PCRE 内部のバイトコードの実行を許容してしまいます。脆弱性を利用することで、メモリの破壊、DoS 攻撃などを行うことが可能となります。このため、遠隔の攻撃者は、本脆弱性を利用することで対象のシステムにログインしているユーザ権限で任意のコード実行が可能です。

なお、本脆弱性 (CVE-2015-0318) に脆弱な Adobe Flash Player では、本脆弱性以外にもコード実行を引き起こす複数の脆弱性が報告されております。


5.対策
Adobe Systems 社の公式ページから最新版にアップデートすることで、脆弱性に対処できます。

https://get2.adobe.com/jp/flashplayer/


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威、業務開始前に対策を(IPA)

    ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威、業務開始前に対策を(IPA)

  2. 「Ghostscript」にコード実行の脆弱性、すでに攻撃活動を確認(JVN)

    「Ghostscript」にコード実行の脆弱性、すでに攻撃活動を確認(JVN)

  3. Microsoft Windows OS における sdclt.exe を用いて UAC による制限を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS における sdclt.exe を用いて UAC による制限を回避する手法(Scan Tech Report)

  4. ランサムウェア「WannaCry」に感染させる攻撃ツールによるアクセスが増加(警察庁)

  5. ランサムウェア「WannaCry」感染PCによるアクセスが増加(警察庁)

  6. 複数の海外ベンダ製NASからのSSHへのパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  7. WordPress 4.6 においてPHPMailer の脆弱性により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  8. Intelファームウェア搭載機器に、リモート管理機能にアクセスされる脆弱性(JVN)

  9. アップルがmacOS、iOS、Safariなどのアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

  10. マイクロソフトが月例パッチを提供、適用を呼びかけ(IPA)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×