「yarai」をベースにした個人向けセキュリティソフトを発売(FFRI) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

「yarai」をベースにした個人向けセキュリティソフトを発売(FFRI)

FFRIは、個人向けセキュリティソフト「FFRI プロアクティブ セキュリティ」の販売を4月1日10時より「FFRIオンライン・ショップ」で開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社(FFRI)は3月26日、個人向けセキュリティソフト「FFRI プロアクティブ セキュリティ」の販売を4月1日10時より「FFRIオンライン・ショップ」で開始すると発表した。価格はダウンロード1年版が8,500円、ただし、4月30日まではキャンペーン価格として7,000円で提供する。また、パッケージ1年版は6月に8,500円で発売予定。同製品は、現在法人向けに販売している「FFR yarai」を個人向けにチューニングした、個人向けセキュリティソフト。

同製品では、同社が独自に開発したプログレッシブ・ヒューリスティック技術により、既知・未知に関係なくマルウェアの脅威から防御する。この技術では、攻撃者の思考を先回りした先進的な検知ロジックを複数搭載することで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析し、マルウェアをリアルタイムで高精度に検知・防御することが可能だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×