スウェーデンの都市が 10 代のハッカーに 4 万ポンドの損害賠償を請求~その少年は「セキュリティの欠陥を暴きたかっただけ」と主張(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

スウェーデンの都市が 10 代のハッカーに 4 万ポンドの損害賠償を請求~その少年は「セキュリティの欠陥を暴きたかっただけ」と主張(The Register)

そのシステムは安全性が低く、誰でもパスワードを盗める状態であることに気付いた、と少年は地元報道機関に語った。彼自身は、そのサーバから何も盗まず、何のダメージも与えず、また侵入行為には1時間も費やさなかったと話している。

国際 TheRegister
IT システムをハッキングした 17 才の少年に対し、スウェーデンの地方自治体が、4 万ポンド(編集部註:約 715 万円)に近い額の損害賠償を求めている。

スウェーデン北部の Umea は、当時 16 歳だった Erik Sundqvist が同自治体のシステムをハッキングした際に発生した損害の賠償として、Sundqvist に 50 万スウェーデンクローネ(編集部註:約 700万円)の支払いを要求している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×