約7割が個人情報関連のトラブルを経験、しかし半数が「特に何もせず」(JIPDEC) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

約7割が個人情報関連のトラブルを経験、しかし半数が「特に何もせず」(JIPDEC)

JIPDECは、「個人情報に関する意識調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は3月23日、「個人情報に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は3月15日から6日、一般消費者1,000名を対象にWebアンケート方式により実施されたもの。調査結果によると、「あなたの個人情報を企業等がどのように取り扱っているか」について、全体の71.8%が「気になる」と回答した。世代ごとでみても、全世代の6割以上が「気になる」と回答している。

また、ネットサービス利用時や申込みの際の会員登録などで、個人情報を入力・記入する際にどのようなことを確認しているかを聞いた結果では、「会社の信頼性」が44.0%で最も多く、「個人情報の取扱いに関する説明」(30.0%)が続いた。一方で、「特に何も確認していない」との回答も3割近くにのぼった。個人情報に関連するトラブルには1,000名中732名が経験しており、「迷惑メールが届くようになった」が51.5%を占めた。その後の行動を聞くと、「特に何もしていない」が45.9%でもっとも多かった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×