米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register)

この調査報告の結果における「最も不吉な解釈」としては、テロリストたちが、「サイバー 9/11」を開始する手段に、これらの欠陥を利用するかもしれないとニューヨークの民主党員は警告した。

国際 TheRegister
米政府の監査によると、米国の航空交通管制システムは、ハッカーに対して潜在的に脆弱であるという。

政府会計検査院(以下 GAO)が作成した、この48 ページの報告書(PDF)は、連邦航空局(以下 FAA)が「関連する政府の基準、とりわけ米連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)、および米国立標準技術研究所(NIST)のコンプライアンスに準拠していない」と非難している。

その報告書は、具体的な脆弱性に関する言及を省略し、代わりに「改善しなければならない技術の領域」に光を当てた。「ユーザーの識別と認証」「データ保護」「アクセス制御」「暗号化」の全てが、そのリストに挙げられている。報告書の抜粋を以下に掲載しよう:
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×