米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register)

この調査報告の結果における「最も不吉な解釈」としては、テロリストたちが、「サイバー 9/11」を開始する手段に、これらの欠陥を利用するかもしれないとニューヨークの民主党員は警告した。

国際 TheRegister
米政府の監査によると、米国の航空交通管制システムは、ハッカーに対して潜在的に脆弱であるという。

政府会計検査院(以下 GAO)が作成した、この48 ページの報告書(PDF)は、連邦航空局(以下 FAA)が「関連する政府の基準、とりわけ米連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)、および米国立標準技術研究所(NIST)のコンプライアンスに準拠していない」と非難している。

その報告書は、具体的な脆弱性に関する言及を省略し、代わりに「改善しなければならない技術の領域」に光を当てた。「ユーザーの識別と認証」「データ保護」「アクセス制御」「暗号化」の全てが、そのリストに挙げられている。報告書の抜粋を以下に掲載しよう:
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×